すじ蒔き



発芽させた種もみを、育苗箱に蒔いていく作業を「すじ蒔き」と呼びますが、
米工房では今日から3日間の日程で、すじ蒔き作業に入りました。

種を蒔いて、ビニールハウスに並べる育苗箱の数は、5,600枚。

「ゴセンっ、ロッピャクぅ まぁーい‼️」

3の倍数でないので、別にアホになる必要はないのですが、
なんとなく、世界のナベアツ(←どうしてるカナ?)風に読み上げたくなる数字です。😄

作業はベルトコンベアーによる流れ作業です。
各自が受け持つそれぞれの担当業務を“決して止めないように”進めなければなりませぬ。
結構緊張感💣あふれる作業ですヨ。

R0013866_convert_20110403111625.jpg

プレッシャーを与える約6千枚の育苗箱。

R0013845_convert_20110403111139.jpg

             ← ← ← ← ←
空の育苗箱に培土を敷く。

R0013846_convert_20110403111317.jpg

             ← ← ← ← ←
培土の敷かれた育苗箱に、種もみが蒔かれて左へ流れていく。

R0013851_convert_20110403111458.jpg

             ← ← ← ← ←
蒔かれた種もみを培土でカバーしたものが切れ間なく出てくる❗️

R0013875_convert_20110403111738.jpg

軽トラに、積むべし!積むべし!積むべし!

R0013881_convert_20110403111854.jpg

ハウス担当チームは、並べる!並べる!並べる!

R0013884_convert_20110403112126.jpg

最後にビニールでカバー⤴️

×ハウス6棟分‼️