燕雀仁義なき戦い・その2

今朝、会社に着くと
弱弱しくワタシを呼ぶ声が・・・

「アニキ、アニキー」

ふと地面をみると↓

「コッチモ、コッチモー」

で、そちらを見ると↓
R0014920_convert_20110709134932.jpg

じ「どないしたんじゃー、ワレー⁉️」

つ「昨日の夜も雀組に襲われたー」  *つばめの“つ”

じ「なんじゃとー⁉️」

つ「その代わり、向こうの組事務所も返り討ちにあわしてやったサカイー」

じ「なにーっ⁉️」

体験交流館の梁にあった雀の巣を見に行くと↓
R0014921_convert_20110709135114.jpg

じ「ホンマに落ちとるやないケー😱」

つ「ワシらをなめたらアカンでー😠」

雀の巣が落ちたのは、多分風のせい?

燕のヒナは、顔をつつかれたのかキズがありますが
多少は飛ぶ力もついていて、下に落とされても
あまり大きなダメージはない様です。

昨日と同じように巣に戻してあげました。

一日しか経っていないのに、打たれ強く丈夫になったみたいです😌

(ですが、もう一度雀避けの対策を練らなければ・・・)

R0014932_convert_20110709135435.jpg

「ドヤッ‼️」  試練に耐えながら成長する どや顔 3兄弟😄

*この物語はフィクションです。
 そしてこの関西弁はイメージで、
 多分広島弁なんかも混ざっているンじゃないかと思います。
 ご了承ください。